Xperia+Android 11の動作遅延やベンチマーク悪化、最新アプデで改善か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年フラッグシップ、Xperia 5 IIおよびXperia 1 II

SD865搭載のこれら2モデルでは(Xperia 5やXperia 1では問題ない模様)Android 11アップデート後にベンチマークが大幅に下がるといった問題や、動作がもたつくようになったという報告が多く見られます。

この問題についてははっきりとした原因は不明ですが、一部ではCPUの一部コアがフル稼働していないことが原因では?という指摘も見られます。

また、こういった現象はAndroid 11へアップデートされた他のSD865搭載機では報告されておらず、少なくともXperia特有のものであることは間違いなさそう。

そんな中、この件について興味深い新情報がでてきました。

以下はRedditユーザーが投稿していたもの。

このユーザーのXperia 5 IIではAndroid 11アップデート直後は動作のラグなどが発生していたものの、最新の2月分セキュリティーパッチを含むファムウェアアップデートを行ったところ症状が改善したとのこと。

そしてご覧のようにGeekbenchにおけるベンチマークスコアも以前のノーマルな状態に戻った模様です。

なお、この最新アップデートのファームウェアバージョンは58.1.A.3.xxで、これに該当するアップデートは国内キャリア版では未提供。

ただ、おそらくいつも通りのパターンならば2~3週間遅れでリリースされると思われます。
(ちなみに私が知っている限りXperia 5 IIやXperia 1 IIは1月分セキュリティーパッチは提供されていないと思われます)

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました