激安ハイエンド、Redmi K40/K40 ProはXiaomi Mi 11X/Mi 11iとしてリリースへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日中国向けとして正式発表されたXiaomiの格安ハイエンドモデル、Redmi K40およびRedmi K40 Pro

Redmi K40はSD870搭載で約3.3万円~、そしてSD888搭載のK40 Proも約4.6万円と、いずれもハイエンドとしては敵なしの安さとなっています。

そして先日、これらのモデルについて国内でのリリースの可能性が高い、という件についてお伝えしました。

そして今回、このRedmi K40/K40 Proの中国以外での展開に関する興味深い新情報がでてきました。

XDAが伝えたもので、これによるとRedmi K40はインドなどではXiaomi Mi 11シリーズの廉価版モデル、Xiaomi Mi 11Xとして、そしてRedmi K40 ProはXiaomi Mi 11iとしてリリースされる、とのこと。

よって、日本でもリリースされるとすればこれらのモデルはRedmi K40/K40 ProではなくXiaomi Mi 11X/Mi 11iという機種名になりそうです。

なお、Xiaomi Mi 11シリーズはすでに無印のMi 11の他にMi 11 ProやMi 11 Ultraなどの存在が確認されていますが、今回のモデルを入れると合計5バリエーション展開、ということになります。

Redmi K40については発表前にグローバル版はXiaomiの別ブランドモデル「POCO F3」として展開されると言う情報もありましたが、どうやらこれについては誤報だったようです。

Xperia 1 IIIとXperia 10 III、EXPANSYSが発表前に予約受付開始!
2021年の最新Xperiaラインナップ。例年より発表は送れていますが、少なくとも3モデルの存在が確認されており、5.5インチのコンパクトモデルの正体は不明ながら、残りの2モデルについてはXperia 1 IIIおよびXperia 10 I

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました