Xiaomi Mi 11 Proの画像がリーク、ディスプレイ仕様は無印と「同じ」に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国の小米(シャオミ)が先日発表したフラッグシップ、Xiaomi Mi 11

Snapdragon 888搭載スマホとしては最初にリリース予定の同モデルですが、今回、その上位モデルとなるXiaomi Mi 11 Proの画像がリークされていました。

今回の情報によると、Xiaomi Mi 11 Proのディスプレイ周りの仕様は無印のXiaomi Mi 11と同じになる、とのこと。

ただ、カメラ周りの仕様は異なる可能性が高いとのことです。

ちなみにXiaomi Mi 11のディスプレイは6.81インチのAMOLED、120Hzリフレッシュレート対応、画面解像度は3200 x 1440 pxでアスペクト比は20:9となっています。

また、ディスプレイが同じ、ということは少なくとも両モデルの縦横のサイズも同じ、ということになります。

さらにXiaomi Mi 11 Proで以前噂されていたディスプレイ下のフロントカメラは非搭載、通常のパンチホール型カメラになるという事になります。

このXiaomi Mi 11 Proは中国の春節後、つまり2月の上旬あたりに正式発表されると言われています。

なお、これまでにXiaomi日本法人のSNS上での情報から判断すると同社がこのXiaomi Mi 11シリーズを2021年に日本投入する可能性はかなり高そう。

ただそれが無印のXiaomi Mi 11になるのか今回のXiaomi Mi 11 Proになるのかはまだ不明です。

https://sumahodigest.com/?p=332

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました