Xperia 1 IIIの国内リリースはソフトバンク版が先行?かなり低めのベンチマークスコアが発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月14日に正式発表され、国内ではドコモ(SO-51B)、au(SOG03)、ソフトバンク(A101SO)の3キャリアからリリースされる予定の新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III。

今回、このうちのソフトバンク版のベンチマークスコアが発見されました。

なお、Xperia 1 IIIのものと思われるベンチマークスコアは先日もスクリーンショットが発見されましたが、こちらは実際にGeekbench上で直接存在が確認できませんでした。

一方、今回のベンチスコアはいずれも掲載が確認できており「本物」であることは間違いありません。

ただ、Snapdragon 888搭載モデルのGeekbenchでのマルチコア・スコアは平均で3500程度なので、今回のこのスコアはかなり低め、ということに。

一方、今回はほぼ同時に中国などアジア向けとなる海外モデル、「XQ-BC72」のベンチマークスコアもほぼ同時に発見。

こちらは他のSD888搭載モデルと比較しても遜色のないスコアとなっています。

まだサンプルサイズが小さいので何とも言えませんが、これ2つの対照的なスコアを見る限り、まだファムウェアレベルでのソフト的なチューニングが不十分で性能が不安定、という可能性もありそうです。

なお、このXperia 1 IIIのリリース予定ですが、国内ではいずれのキャリア版も「6月中旬」となっているのに対し、ヨーロッパなどでは「初夏」。
また、ロシアなどでは7月以降が確定しているので、同モデルの国内でのリリースは比較的早い時期ということになりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました