最近スマホのバッテリー消費が速い?原因はFacebookのアップデートの模様

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1週間ほど前からTwitterなどを中心にAndroidユーザーからスマートフォンのバッテリー消費が異常、という報告をよく見かけるようになりました。

一口にバッテリー異常消費とは言ってもOSやファームウェアのバグ、PlayストアやGoogle Play開発者サービス、その他のアプリの異常プロセスなど、考えられる原因は多岐にわたります。

しかし、ここ最近のAndroidスマートフォンで電池の減りが異常に速い、というケースに関しては大部分がFacebookアプリのアップデートによるもののようです。

これらは大量に挙がっている報告のほんの一部で、機種は最新のXperiaからAQUOS、Galaxyまであるので、機種依存ではなさそう。

しかも大半が実際にFacebookを使用していない状態、つまりバックグランド・プロセスで異常な割合のバッテリーを消費しており、中には全体の50%前後を占めているケースもある模様。

また、海外でもRedditなどを中心に同様の報告が多数見られます。

なお、Facebookアプリはかなりアップデートが頻繁でどのバージョンがトリガーとなっているかを特定するのは難しい状況。

よって、しばらくアプリ自体をアンインストール、もしくは無効化してWeb版を使う、というのが賢明かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました