Pixel 6は画面下カメラを搭載の可能性、次世代Pixelの特許資料が発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年版Pixelと言えば前モデルミッドレンジとなったPixel 4a、Pixel 4a 5G、Pixel 5ですが、巷ではすでに2021年の次世代Pixelに期待を寄せる声も増えてきています。

そんな中、海外サイトのPatently Appleが次世代Pixelで実装される可能性のある新たな特許資料を発見、掲載していました。

「前面のカメラが見えない」、つまり画面下フロントカメラについての特許資料であることは間違いありません。

もちろん、特許申請された技術がすべて実用化されるわけではなく、また、仮に実用化されるとしてもどのモデルでかは不明です。

ただ、今回の資料ではPixel 5をベースのイラストとして使っている点などからするとそれほど遠くない未来のPixelで実装される気もします。

ちなみに画面下フロントカメラを搭載したスマートフォンとしては先日、ZTEが世界初となる「ZTE AXON 20」をリリースしました。

ただ、その画面下カメラで撮影した画像の画質については微妙という評価もあり、まだ技術的課題が多いと言う印象も受けます。

ベゼル→ノッチ→パンチホールと進化?してきたスマホの前面カメラポジションですが、この「画面下」も徐々に普及し数年後にはパンチホール並みに当たり前の仕様となるのでしょうか。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました