早っ!次世代Moto、moto g10 Playのレンダリング画像がリーク、指紋センサーは側面に移動

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モトローラの展開するミッドレンジの「moto」シリーズ。

この現行シリーズと言えばmoto g9シリーズですが、今回、その次世代となるmoto g10シリーズの一つ、moto g10 playのものとされるレンダリング画像がリークされていました。

基本的な外観は現行のmoto g9 playとよく似ていますが、前面カメラは現行のノッチタイプからパンチホールタイプになっています。

また、指紋センサーも端末裏面から側面に移動

これまでのモトローラ製スマホで指紋センサーが側面に搭載されているのはミッドレンジ以上のモデルだけでしたが、motoシリーズ最廉価版の「play」でも側面指紋センサー採用、ということは来年以降のmotoシリーズは全機種側面指紋センサーという仕様になりそうです。

ちなみに前モデルのmoto g9 playは夏の終わりに海外で発表され、国内では数日前に発売されたばかり。

よって、moto g10 playのリリースは早くても来年後半以降になるはずで、そんな先の新型motoの画像が早くもリークされると言うのはかなり珍しいような気がします。

なお、このmoto g10 playの型番はXT-2117でサイズは165.3 x 75.4 x 9.5mm。
ディスプレイは6.5インチのことなのでサイズ的には前モデルとほぼ同じということになりそうです。

また、バッテリー容量については4850mAhとのことなので、現行モデルより若干容量減となる模様です。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました