2021年の新型Xperiaは12GB RAMが標準に?発表は例年通り、SD888は「独占供給されない」-有名リーカー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2021年新型Xperia、仮称「Xperia 1 III」(今のところネーミングルールに変更はない模様)。

この次期Xperiaのスペック及びリリース予定に関する興味深い新情報がWeibo上に投稿されていました

以下は有名リーカーのZackbucks氏がWeibo上に投稿していたもの。

まず、最初の投稿(下部)では2021年のXperiaフラッグシップは12GB RAM搭載が標準になるはず、というもの。

ソニーは今年のXperia 1 IIもXperia 5 IIもスタンダードモデルは8GB RAM搭載ですが、日本向けのSIMフリー版Xperia 1 IIや未だに発売されていないXperia Proは12GB RAMを搭載しています。

また、ソニーは12月初めのSD888発表イベントでXperiaをゲーミングスマホとして強化していく意向を示唆しており、12GB RAMはゲーム用スマホとしては標準的とも言えます。

よって、2021年モデルの次世代Xperiaで12GB RAMを標準搭載、というのは非現実的な話ではないと思われます。(必要かどうかはまた別の話ですが)

そして同氏の次の投稿内容はユーザーからの質問に対して回答する形で、私の解釈では:

・Xperia 1 IIとXperia 5 II用のSnapdragon 865はソニーに独占/先行供給されたが、Xperia 1 III向けのSnapdragon 888はされない

・ただ、Xperia 1 IIIの発表自体は例年通り2月末に行われる

ということに。

ちなみに前モデルのXperia 1 IIは当時は例年より発売が早くなると言う観測もありましたが、結局はほとんど例年通りでした。

よって、ある意味SD888の供給条件は無関係に結局リリース時期も例年通り、という可能性が高そうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました