次期 Xperia 1 IIIにもPro版、Xperia Pro 2が存在?スペックアップ、12GB+4800mAh搭載との噂

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2021年最新モデル、Xperia 1 III

Xperia 1 IIの後継機としてSnapdragon 888を搭載し、おそらく2~3月発表、5月~6月にリリースとなりそうな雰囲気で、外観は信頼性の高いレンダリング画像がリーク済みですが、スペックペックについてはまだ具体的な情報に乏しい状態。

そんな中、この次期Xperiaフラッグシップについて異なるバリエーションもしくは派生機種が存在する可能性が出てきました。

12GB+4800mAh+512GBのプロモデルが存在?

以下は中国のSNS、Reddit上に投稿されていたもの。

Xperia 1 IIIには2バージョンが存在し、一つは8GB+4000mAh+256GBストレージ、そしてもう1バージョンは12GB+4800mAh+512GBストレージとなる、とのこと。

元はReddit上にimgurへのリンクが張られていたもののようで、ドイツ語という事以外はどういったソースからのスクリーンショットかは不明。よって、信ぴょう性も不明です。

ただ、この投稿者いわくこの12GB RAM搭載のバージョンについてはXperia Proの後継機「Xperia Pro 2」のものである可能性もあるとのこと。

なお、今年のXperia ProはXperia 1 IIと比べてメモリとストレージは増量されていますが、バッテリー容量は同じです。(国内SIMフリー版はProと同じ12GB/512GBですが)

また、最近ESATO上に投稿されていた信頼性の高いリーカーからの「ヒント」にはXperia 1 IIIのバッテリーは前モデルから据え置きの4000mAhとなることが示唆されています。(解読が正しければ、という仮定ですが)

確かに同一モデルでメモリやストレージが異なるというのは一般的ですが、バッテリー容量が異なるというのは前例がなく、そうなるこれらは別モデル、本物ならばXperia 1 IIIの派生モデルと言う可能性の方が高そう。

ちなみに今年のXperia 1 II/Xperia Proについては有名リーカーのZackbucks氏が正式発表の数週間前にプロバージョンが存在することをリークしていましたが、今回はまだ同氏からXperia 1 IIIに関する最新情報はほとんどリークされておらず、派生モデルや「Pro」版についても当然何の情報も出てきていません。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました