国内発売の可能性も大、Xiaomi Mi 11 Proのものとされるスケマティックと画面サイズがリーク

スポンサーリンク

小米の次期フラッグシップモデル、Xiaomi Mi 11/11 Pro。

海外では今月末にSnapdragon 888搭載機としては1番乗りで正式発表となりそうな気配です。

そして今回、同シリーズ上位モデル、Xiaomi Mi 11 Proのものとされるスケマティックがリークされていました。

GSMArenaが伝えたもので、これによるとXiaomi Mi 11 Proのディスプレイサイズは171.77mm、インチに直すと6.76インチ。前モデルのXiaomi Mi 10 Proと比べると0.09インチ大きいということになりますが、誤差の範囲内とも言えそうです。

なお、無印のXiaomi Mi 11については先日実機とされる画像もリークされています。

また、Xiaomi Mi 11 Proについてはディスプレイの四隅がカーブした「クアッドエッジ・ディスプレイ」を採用すると言われており、先日前面パネルとされる画像もリーク済み。

Xiaomiは先日、LINEの日本公式アカウントでSnapdragon 888搭載機の日本投入を予告。
その少し前にはTwitter公式アカウントから日本上陸1年を記念して同社としては初となるFelica (おサイフ)対応モデルのリリースを予告しています。

シャオミがSD888搭載「Xiaomi Mi 11」の日本リリースをLINE上で暗に予告か
Huaweiを抜き、世界3位のスマートフォンメーカーに上りつめた中国のシャオミ。同社が来年にも国内で初めてフラッグシップモデルをリリースる可能性が濃厚になってきました。以下は同社がLINE公式アカウントのタイムライン上に投稿していたもの。ク

これがXiaomi Mi 11シリーズになるという確証はありませんが、今のところSD888搭載のXiaomi製スマホと言えば同モデルしか情報が上がってきていないので、Xiaomi Mi 12シリーズが来年国内リリースという可能性はかなり高いと思われます。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました