サムスンがGalaxy Noteシリーズ廃盤の可能性を否定、「来年もリリース予定」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの次期フラッグシップ、と言えば来年1月14日に正式発表されるGalaxy S21シリーズ。

技適通過情報から国内はドコモが3モデル、auも少なくとも1モデルを展開することが確定しています。

そして昨日、同シリーズの最上位モデル、Galaxy S21 Ultraはスタイラスペンに対応することが公式に確認されました。

一方、サムスンが年後半にリリースしてきたもう一つのフラッグシップ、Galaxy Noteシリーズについては廃盤となり、Galaxy SシリーズもしくはフォルダブルのGalaxy Zシリーズに統合されるとも言われています。

そんな中、この件についてサムスン側から公式な情報が出てきた模様です。

GSMArenaがサムスンのモバイル部門代表からのコメントを伝えたもので、これによるとGalaxy Noteシリーズは来年もリリース予定、とのこと。

また、Noteシリーズのユーザーエクスペリエンスを他の製品に応用することはあり得えるが、これはGalaxy Noteシリーズが廃盤となるという意味ではない、とのこと。

ここで言う「Noteシリーズのユーザーエクスペリエンス」とはおそらくSペン対応だと思われ、Galaxy S21 UltraのSペン対応がその具体例、ということに。

2年後、3年後にどうなっているかは誰にもわかりませんが、少なくとも来年の秋ごろにGalaxy Note 20シリーズの後継モデル(おそらくGalaxy Note 21シリーズ)がリリースされることは間違いなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました