Xperia 1 IIのドコモ版 vs au版の価格比較、どちらが安い/おトク?キーはやはり「縛り」

ソニーの新型フラッグシップ、Xperia 1 II

発売時期はドコモ版SO-51Aは4月下旬、au版SOG01は5月中とのことで、最大1か月程度リリース時期に差が出そうな感じとなっています。

今のところ2020年前半の5Gモデルとしては1番人気になりそうなこのXperia 1 II、ドコモ版はパープル、ブラック、ホワイトの3色展開、au版はブラックとホワイトの2色展開という違いがありますが、それ以外にも一括価格に1万円以上の差があります。

という訳で今回はこのドコモ・au版Xperia 1 IIの割引プログラム適用後の価格も含めた価格比較、どちらがお得なのかをまとめてみます。

まず、以下はドコモ版Xperia 1 II SO-51Aの価格ですが、ドコモは現在「5G WELCOME割」という割引キャンペーンを実施中

これにより新規・MNPの場合は22000円割引、機種変(契約変更)の場合は5500円割引となっており、これが最終的な実質価格に差を生んでいます。

ドコモ Xperia 1 II SO-51Aの機種変(契約変更)価格

一括価格:123,552円

月々支払い(36回) :3,432円

おかえしプログラム適用時の実質価格:82,368円

5G WELCOME割:5,500円

おかえしプログラムと5G WELCOME割適用時の実質価格:76,868円

ドコモ Xperia 1 II SO-51Aの新規・MNP価格

一括価格:123,552円

月々支払い(36回) :3,432円

おかえしプログラム適用時の実質価格:82,368円

5G WELCOME割:22,000円

おかえしプログラムと5G WELCOME割適用時の実質価格:60,368円

今のところ、5G WELCOME割がいつまで続くのかは不明ですが、公式ページ上の「対象機種」にXperia 1 IIが入っているので、少なくとも同モデルが発売される4月下旬までは適用可能だと思われます。

au Xperia 1 II SOG01の新規・機種変・MNP価格

一括価格:133,600円

月々支払い(23回) :3,440円

かえトクプログラム適用時の実質価格:79,120円

Xperia 1 IIのドコモ版 vs au版、お得なナノはどっち?

2年後の買い替えを前提とした場合、新規・MNPならばドコモ版がau版よりも2万円近く安い、ということになります。

よって、5Gの新規回線を契約する場合やソフトバンクやMVNOなどからの乗換えを考えている場合はよほどau回線にこだわりがない限りはドコモ版を購入するのがオトクだと思います。

一方、機種変(契約変更)ならば両社の価格は2千円強なので、特にキャリアを変更するような強いインセンティブにはならないように思います。

キーは 「おかえしプログラム」と「 かえトクプログラム」の違い、「縛り」

ドコモの「おかえしプログラム」もau「かえトクプログラム」も2年後に機種を返却することを前提としている点は同じ。

ただ、両者の決定的な違いはその際の「縛り」です。

ドコモ「おかえしプログラム」では、2年後に端末を返却すればそれで残債は精算され、他のドコモ機種への買い替えは必要ありません

しかし、auの「かえトクプログラム」の場合は2年後の時点で端末の返却+他のau機種への買い替えが残債免除の必須条件となっています。

よって、2年後にau以外のキャリアが販売する端末に買い替える可能性がある場合はこれは大きなマイナス。

つまり本当の意味でどちらが「得」あるいは「安い」のかはこの「縛り」にどの程度のマイナス価値を与えるか、によるとことが大きいと思われます。


コメント

  1. 名無しの より:

    どっからどう見てもドコモが安い。
    端末価格を見れば一目瞭然。

    リースとして考えるなら個人の価値観

タイトルとURLをコピーしました