Xperia 5 IIの純正カバーは要注意! 取り外すと酷いキズ、本体の塗装不良?ケースの欠陥?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新フラッグシップモデル、Xperia 5 II

大人気機種とは言えませんが、それでも「ハイエンド離れ」が進む中、今冬の高価格帯モデルとしては一番売れているという印象です。

そんなXperia 5 IIですが、今回、本体の塗装もしくは純正ケースに絡むちょっと気になる報告がでてきました。

Reddit上に投稿されていたもの。

拡大すると大小の傷が無数についているのが分かります。

このユーザーは購入後、ソニー純正のケースを装着しており、今回ケースを取り外したところ、このような傷が確認されたとのこと。

確かに「XQZ-CBAD」とあり、これは純正カバーの型番。

この正式名称「Xperia 5 II Style Cover with Stand(XQZ-CBAD)」は国内でもソニー公式ストアやドコモ、auといったキャリアでも純正カバー/ケースとして販売されています。

症状を見る限り、少なくとも落下やどこかにぶつけるといった瞬間的なダメージではなく、ヤスリの様なもので擦った跡のように見えます。

本体とケースの間に細かい砂でも入って擦れたように見えますが、そうだとするとそれはそれでケースの役目として問題のような気もします。

サードパーティー製のカバーならサイズが合わないというのもありえますが、純正カバーではあまり考えられません。

よって、ユーザー側に落ち度がなければ本体の塗装が異常に弱い塗装不良、もしくはケースの一部に本体に傷をつけるような荒い部分がある、という可能性が濃厚になります。

ちなみにXperia 5 IIでは報告数は限定的ですが、一部で端末裏面のエッジ部分の塗装が剥げる、という症状が報告されています。

これはXperia 1 IIでも複数報告があがっていますが、この問題はどうやら外側のコーティングの内側で発生している塗装剥離の模様。

よって、今回の症状とは原因が異なるように思えます。

純正ケースを使っている方は一度取り外して確認をした方が良いかもしれません。

ソース:Reddit

コメント

タイトルとURLをコピーしました