Xiaomiが国内リリース予定の最新モデルが判明、15900円の格安「Redmi 9T」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少し前よりRedmiブランドの新型モデルの国内投入を予告しているXiaomi。

正式発表は2月2日ですが、今回、それを前に国内リリースされる最新Redmiモデルの「一つ」が判明しました。

以下は大手量販店、EDIONの公式サイトにフライング掲載されていたもの。

Xiaomi Redmi 9Tというモデルで、これは海外で数週間前に正式発表されたモデル。

Redmi 9Tのスペック

  • 対応OS:MIUI 12(Android 10準拠)
  • CPU:Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 662
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • ディスプレイ:6.53インチ
  • 解像度:2340×1080
  • メディアスロット:デュアルSIM + microSD
  • 無線LAN:11ac
  • Bluetooth:搭載
  • インターフェース:USB Type-C×1、3.5mm イヤホンジャック×1
  • カメラ:[アウトカメラ]4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素、[インカメラ]800万画素
  • 寸法:W7.73×H16.23×D0.96cm
  • 質量:約198g
  • 付属品:電源アダプター、USB Type-C ケーブル、SIM 取り出しピン、保護ケース(試供品)、ユーザーガイド、保証書、画面保護フイルム

なお、このモデルがFelica/おサイフ機能に対応しているかについては不明ですが、スペック上には特に記述がありません。よって可能性としては非対応の方が高いように思えます。

一方、価格は税別で15900円、カラバリエーションはグリーンとグレー、そして発表から3日後の2月5日に発売、と記述されています。

他にも5Gモデルがリリース予定

Redmi 9Tは4Gモデル。一方で、シャオミは先に2月2日の発表についてのティザーで5Gモデルをリリースすること、そして「期待されている機能が搭載される」ことを明言しています。

よって、同社が2月2日に発表するモデルはこのRedmi 9Tだけでなく、最低でもあと1モデル、5G通信対応のモデルが存在するという事になります。

これについてはまだどんな機種となるかは不明ですが、海外ではRedmi 9Tと同時に発表されたのRedmi Note 9Tである可能性が高そう。

ただ、個人的には「高い性能」という部分が気になるので、以前より2月中のリリースが噂されているSD888搭載のハイエンドモデル、Redmi K40やK40 Proという可能性も排除できないような気がします。

https://sumahoinfo.com/?p=40182

コメント

タイトルとURLをコピーしました