Galaxy A51のベンチマークスコアが発見、一部スペックも判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの新型ミッドレンジGalaxyと思われる端末のベンチマークスコアがGeekbenck上で発見されました。

これを最初に報じたGSMArenaによるとSM-A515Fという型番はGalaxy A51に相当するとのこと。

スコアはシングルコアが323、マルチコアが1,185。OSは最新のAndroid 10、メモリは4GB RAMとなっています。

以前の情報ではこのGalaxy A51の搭載チップはExynos 9630と言われていましたが、今回のベンチマークスコアを見る限りはExynos 9611搭載となりそうです。

サムスンは今年からGalaxy 「A」に二桁数字が続くミッドレンジモデルを複数展開。

このGalaxy A51は2月にリリースされたGalaxy A50の後継機という位置づけになると思われます。

今年のGalaxy Aシリーズでは 国内でドコモやauが2019秋冬モデルとしてGalaxy A20を展開しており、ミッドレンジ主流の現在、ハイエンドのGalaxy SシリーズやNoteシリーズよりも台数的には売れそう。

そういった意味で、国内でも今後Galaxy Aシリーズがさらに増える可能性は十分にあると思われます。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました