次期Xperiaも「早期リリース」?SD875搭載モデルを1月にリリースするメーカーがリーク

スポンサーリンク

Xperia、AQUOS、Galaxyなどなど、2021年の次世代Androidフラッグシップ・スマートフォンのほとんどのに搭載されることとなるSnapdragon 875。

同チップを搭載した2021年モデルのリリース時期について興味深い情報がリーされていました。

Twitter上では「Digital Chat Station」として知られる有名リーカーがWeibo上に投稿していたもの。

これによると以下のメーカー(ブランド)はSD875を搭載した新型モデルを早期リリースする可能性が高いとのこと:

Xiaomi –(Redmi、BlackSharkを含む)
Vivo- (iQOOを含む)
Oujia Holdings – (Oppo、realme、OnePlusを含む)

これを見る限り、少なくとも中国の有名どころのメーカーの大半が1月中に何らかのSD875搭載機をリリース、少なくとも発表する可能性は極めて高そう

これまでの情報では少なくともサムスンが例年より1~1.5か月早く1月中旬にGalaxy S20シリーズを発表、同月中にリリースすることが確実となっています。

ただ、今回の情報によると、どうやらこのSD875を搭載して「早期」リリースされるのはGalaxy S20シリーズだけではない模様です。

一方、サムスンやこれら複数の中国メーカー「だけ」がSD875の先行供給を受けるという可能性は低いと思われます。

よって、ソニーやシャープと言った国内メーカーも同様にSD875の早期供給を受ける可能性はありそう。

先日、ソニーもXperia 1 IIIこと次期Xperia向けにSD875の供給を早めに受ける、という噂が浮上しましたが、これについては意外と事実、という可能性も。

少なくともどうやらこれは大半のメーカーの次期モデルについて言えることのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました