Xperia 5 II vs Galaxy Note 20 Utraだけじゃない!SD865+よりもSD865の方が高性能という不思議

スポンサーリンク

先日ドコモの新作発表でメジャーキャリアの新作は出そろいました。

が、今シーズンは全体的にハイエンドモデルが少なめ、という印象で特にドコモの2020秋冬もハイエンドはXperia 5 IIとGalaxy Note 20 Ultraのみ、という状態。

よって、この秋冬(冬春)新作のフラッグシップ・ハイエンドの購入を検討しているとなると、必然的に選択肢はこれら2機種に絞られてきます。

一方、当サイトでは先日、Snapdragon 865+搭載のGalaxy Note 20 UltraよりもレギュラーのSD865を搭載したXperia 5 IIの方がベンチマーク上での性能は上、という件をお伝えしました。

これ、確かにXperia 5 IIはSD865搭載機としては高めのベンチマークスコア、そしてGalaxy Note 20 UltraはSD865+搭載機として低めのスコア、という背景もあります。

ただ、今回どうやら両者の違いは機種特有のもの、とは言えないことが判明しました。

SD865+<SD865は異なる機種「共通」

以下はCPUごとのベンチマークスコアのデータを掲載しているNotebookcheckからのもの。

 Snapdragon 865Snapdragon 865+
Geekbench 5.1 / 5.2
(シングルコア平均)
910979
Geekbench 5.1 / 5.2
(マルチコア平均)
33033201

ご覧のようにシングルコアではSD865+の方が高くなっていますが、マルチコアではより高性能なはずのSD865+がSD865に平均スコアで劣る、という結果に。

ちなみにそれぞれのCPUが搭載されている機種別スコアは:

SD865搭載機種

SD865+搭載機種

Xperia 5 IIやGalaxy Note 20 Ultraは入っていませんが、先述のように両者の性能差はこれよりも顕著。

よって、仮にこれらの機種が個々に入るとその差はさらに広がる、ということに。

ご存知のようにSD865+はSD865のコアクロック・スピードをアップしたバージョン。

素人考えですが、その結果、発熱しやすくなり逆に測定中にサーキットブレーキがかかってスコアがパフォーマンスが落ちる、なんてこともあるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました