次期Xperiaの新機能ヒントその2、高速充電対応/バッテリー容量アップか?

スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新Xperiaと言えばXperia 5 IIですが次期Xperia、と言えばネーミングルールが変わらなければXperia 1 IIIおよびXperia 5 IIIというラインナップになりそう。

そしてこの次世代Xperiaについては先日、ESATO上のリーカーからの情報として、カメラ周りの新機能にNDフィルター機能が搭載される可能性が浮上しました。
(これについてはNDフィルターではなくPLフィルター(偏光フィルター)という説もあります)

そして今回、前回の情報提供者と同一の人物が次世代Xperiaの新機能に関するヒント第2弾を投稿していました。

Xperia 1 III/5 IIIは21W以上の高速充電に対応?

スマートフォン、電池、充電、そして充電ケーブルを表すと思われる4つのアイコン。

バッテリー周りの何らかの機能を表していることは間違いなさそうで、充電のマークやケーブルのアイコンからすると充電に関する新機能という可能性が高そう。

Xperia 1 IIやXperia 5 IIは21Wの高速充電に対応していますが、これは同世代の他メーカーのフラッグシップと比べるとかなり遅い方。

よって、次期Xperiaでは現在よりも高速での充電を可能にする機能を搭載、という可能性が高そうです。

一方、Xperiaの充電が比較的遅いと言う点。
これについてはSONYはバッテリーの劣化が激しくこれを避けるために意図的に「超」高速充電は避けている、とも言われており、必ずしもマイナス点ではありません。

一方、もし次期Xperiaで現行最新モデルよりも高速での充電が可能になるのであれば高速充電をしてもバッテリーが劣化しない何らかの新技術が採用される、という可能性もありそうです。

バッテリー増量やワイヤレス充電廃止の可能性も?

一方、バッテリーやケーブルのアイコンも気になるところ。

ひょっとバッテリーのアイコンは次期Xperiaでのバッテリー容量の増量、ケーブルに関してはXperia 1 IIで復活したワイヤレス充電「再廃止」という可能性もありそう。

実際、最新のXperia 5 IIはスペースの問題かワイヤレス充電は非搭載。
次世代Xperiaではバッテリー容量を増やすためにワイヤレス充電を省く、という可能性もありそうです。

サムスン、2021年にXiaomiやOppoにExynosチップを供給へ
サムスンの自家製SoC、Exynosチップ。どうやら2021年のスマートフォンでは同チップを搭載したモデルがGalaxy以外でも一気に増えそうです。Android Authorityが伝えたところによると、サムスンは来年前半にリリース予定の

コメント

  1. より:

    5 IIの電池持ち過去最強クラスで良いから、1 IIIは5000ぐらい積んでほしい

タイトルとURLをコピーしました