新型Xperiaはモデル構成が「シフト」? Xperia 1.1はフラッグシップ、5.1はミッドレンジ、0が「プレミアム」に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年版の新型Xperia、と言えば2月24日にMWC2020で正式発表されることが確実なSD865+5G通信対応の通称「Xperia 1 2020」。

今のところ、ソニーのサーバー情報から4つの異なる型番のモデルが存在することは確認されており、このうちの少なくとも1モデルがこのSD865搭載のフラッグシップであることは確かだと思われます。

しかし今回、2020年版Xperiaの各モデルの「位置づけ」がシフトするという可能性が示唆されていました。

ちょっと読みにくいのですが、見やすくすると2020年版のXperiaでは:

Xperia 0 → プレミアムフラッグシップ

Xperia 1 2020→(レギュラー)フラッグシップ

Xperia 5 2020→ミッドレンジ

Xperia 10 2020→エントリーモデル

(機種名はすべて仮名です)

2019年のXperiaラインナップでは:

Xperia 1→ プレミアムフラッグシップ

Xperia 5→(レギュラー)フラッグシップ

Xperia 10 →ミッドレンジ

Xperia L3→ エントリーモデル

という位置づけだったので、つまり、昨年のXperia 1、5、10がそれぞれ「ワンランク降格」ということになり、その上に新たなシリーズとしてXperia 0が追加、Xperia Lシリーズがなくなる、ということに。

なお、この投稿者はリーカーではないようですが、過去にソニー製品全般について多くの投稿をしている模様。
信憑性は不明ですが気になる情報ではあります。

MWC 2020発表のモデル、Xpeia 1 2020ではなくXperia 0?

となると新たに謎となるのは先日「Xperia 5 Plus」という仮名でレンダリング画像がリークされた新型Xperiaモデル。

このモデルがMWC2020で発表されるモデルであることはタイミング的にも明白。
また、有名リーカーからの情報から同モデルが4Kディスプレイを搭載することが確実視されており、もしそうならばこのモデルは「プレミアムフラッグシップ」ということに。

ただ、今年からXperia 0=プレミアムフラッグシップとなるのであれば、このMWC 2020発表の新型XperiaはXperia 1の後継機ではなく新シリーズモデル、ということになる可能性もでてきます。

一方で、そもそも4K=プレミアムフラッグシップという明確なルールがあるわけではなく、ソニー自身、過去のXperiaモデルの立ち位置をすべて明確に定義しているわけではないので、これはあくまで一般的なとらえ方の問題ともいえるとは思います。

Xperia 5.1はSD765搭載+5G対応に?

ただ、Xperia 5の後継機(Xperia 5.1/Xperia 5 2020)がミッドレンジになるとすると、SD865は非搭載ということに。ひょっとするとこれが以前少し噂に挙がっていたSD765/765G搭載のミッドレンジXperia、ということでしょうか。

コメント

  1. 通りすがり より:

    仮名じゃなく仮称しゃね?

  2. より:

    ネーミング戻してくれ
    今のエクスペリア説明するのが色々面倒過ぎる

  3. 次女スケのパパ♪ より:

    カメラ機能は普通で良いのでカメラ以外のスペックが充実したモデルが欲しい。
    カメラ機能を抑えて安くして欲しいんですけど。

  4. sunny より:

    ハード面でコストのかかる部分は限り無くコストダウン
    シネマプロや4Kなどのストウエアにフューチャーつける位でしょ?ソフトウエアは他のコンデジ等のUIアルゴリズム採用すれば開発コストは大分安くできる。その分センサーサイズ大きくして欲しいが、トータルコストを下げないと売れないと勘違いしているSONYの事だから、蓋を開けたら対して変わらないのでは?せめてセンサーサイズを1/1.3を 単眼でもいいから❗

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました