Huawei P40 Proのカメラは世界初の10倍光学ズームに対応へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、有名リーカーよりレンダリング画像がリークされたファーウェイの次期フラッグシップモデル、Huawei P40およびP40 Pro

P40 Proの方はディスプレイが左右だけでなく上下にも湾曲した「クアッドカーブ」と呼ばれる珍しいデザインになることが判明しました。

Huawei P40/P40 Pro初のレンダリング画像がリーク、「クアッドカーブ」でGalaxy S11似のデザインに
ファーウェイの2020年版フラッグシップ、Huawei P40/P40 Proのものとされるレンダリング画像が初めてリークされていました。Huawei P40↓Huawei P40 Pro↓すでにレンダリング画像がリークされているGalax

そして今回、P40 Proのカメラの望遠機能についてまた新たな情報がでてきました。

これによると、2020年リリースのHuawei 40 Proに搭載のカメラは10倍光学ズーム機能を搭載する、とのこと。

既存スマートフォンのカメラでは光学5倍ズームが最高なので、当然世界初、ということになります。

また、興味深いのがその「素材」についての説明で、このP40 Proの望遠カメラに使われるレンズは1枚がガラスで2枚がプラスチック(樹脂)製になるとのこと。

1G2Pというのがその略?で、確かに他機種をみると「5P」とあり、これは5枚のレンズ全てが樹脂製、という意味になるのだと思われます。

私は全く知らなかった、というか考えたこともなかったのですが、ちょっと調べたところ現在ではスマートフォンに搭載のカメラの場合、かなり多く(というかほとんど)が樹脂製レンズなんですね。

Xperiaなどは比較的ガラスレンズを採用するケースも多いようですが、これはかなりのマイノリティーの模様。

なんだか5G通信対応モデルの普及に加えてカメラのズーム機能が一気に向上するような気配(2019年は暗所・夜間撮影性能の向上が大きかった気もします)。

ちなみに「望遠」とえば昨日、ライバル機種となるGalaxy S11シリーズには望遠カメラとしては最高解像度となる48MPのセンサーが搭載されるという情報も。

2019年リリースのスマートフォンのカメラでは暗所・夜間撮影が全体的に向上した、という印象ですが、この感じだと来年は「ズーム機能向上の年」となる気がしてきました。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました