Androidスマホピンチ、1/3のユーザーがiPhone 12に買い替え予定、でも理由はちょっと意外?

スポンサーリンク

今月中旬に正式発表されることがほぼ確実な新型iPhone、iPhone 12シリーズ。

価格も6万円台~になると言われており、タイミングも重なってか、アナリストの事前予想ではかなり売れ行きは良くなる、と言われています。

そんな中、Androidユーザーに対してこのiPhone 12シリーズについての興味深いアンケート結果が掲載されていました。

Androidユーザーの1/3がiPhone 12を購入予定?

次回の買い替えの際、現在のAndroidスマートフォンからiPhone 12に乗り換えますか?という質問で、全体の1/3が乗り換える、と回答しています。

もちろんこれは「予定」であって実際のAndroid→iPhoneへの移行率を反映しているとは限りません。

それでもまだiPhone 12シリーズが未発表の現時点でAndroidユーザーの1/3が次の買い替え時期にiPhoneの購入を予定している、というのはちょっと意外です。

さらに興味深いのはその理由。

iPhone 12(シリーズ)に乗り換える理由は?という質問で、なんと全体の半分以上がより長期間のソフトウェア・サポート、と回答しています。

これは当然OSアップデートを指していると思われますが、その下の「より良い機能」(カメラ、スペック、デザイン)を理由としているユーザーが比較的少ないのもちょっと意外。

確かにAndroid OSとiOSを比較するとそのアップデート・サポート期間は雲泥の差。

Android端末の場合、フラッグシップでも平均2回のアップデート、ミッドレンジやエントリーモデルだと1回のOSアップデートが標準的となっています。(Galaxyフラッグシップは今後3年のOSアップデートを約束、Xperiaについても同様の噂はありますが)

一方、iPhone/iOSの場合、最低でも4年間のOSアップデートが提供されており、今回のアンケート結果はユーザーにとってサポート期間の長さがいかに重要か、という点が良く表れていると思います。

また、2番目に多い理由として「より優れたプライバシー保護」となっていますが、これも無視できない点だと思います。

いずれにせよ、多くのスマホユーザーがiPhoneを選ぶ理由、というのはハード面というよりは「ソフト面」ということが明らかに。

これは特定メーカーだけではなくAndroidスマホのOEM全体の問題として改善に取り組んで欲しいですね。

コメント

  1. より:

    スガのせいで泥端末は短命なくせに値段だけは高くなったし当然じゃね
    林檎をダサいとか言ってるやつは使った事ない説

  2. 啓ドン より:

    菅さんが余計なことを言ったおかげで端末が高くなった。
    その結果、フラッグシップを長期間使うほうが機能的には良いのだがセキュリティーが2年で打ち切られる。
    自分も、2年ごとに安全性は保証しないというアンドロイドよりもiPhoneのほうがトータルコストは安いと考え買い替えを検討してます。
    特に、今後5G端末が主となるにもかかわらず自分の活動域に5Gエリアはない。
    キャリア端末では、強制的に高いプランに変更されるとなるとsimフリーのiPhoneががベストという結論になりました。

  3. みずしまさるる より:

    何を偏向記事書いているんですか。このサイト閉鎖したほうがいいんじゃないのかと言いたい。
    憶測記事でもひどすぎる。
    だれが高いダサいOSが使えない割れやすいのに乗り換えるんだよ。
    たかがOSの最低更新期間だけで決めるわけないでしょ。アンドロイドの更新が来ないから最新のアンドロイドミッドレンジ端末に買い換えるなら話はわかるが、操作性が全く違うIOSに大半が乗り換えるなんてありえない。
    これは最近のマスゴミでの世論調査レベルの最低な記事です。

タイトルとURLをコピーしました