サムスンの最廉価5Gモデル、Galaxy A22 5Gのベンチマークスコアが発見、Dimensity 700を搭載

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの未発表Galaxy Aシリーズのモデル、Galaxy A22 5Gのものと思われるベンチマークスコアが発見されました。

搭載チップはMediaTek MT6833V、これはDimensity 700 5Gということになります。

スコアはシングルコアが562、マルチコアが1766ポイントで、これはXperia 10 IIIやAQUOS sense5Gに搭載のSnapdrago 690と同程度か少し劣るくらいのスコア、ということに。

このGalaxy A22は2021年Galaxyラインナップの5G通信対応機種ではおそらく「最廉価版」となるはず。

一方で、このGalaxy A22は世界的には昨年のAシリーズのパターンからするとGalaxy A52 5Gに次ぐ売れ筋モデルとなることが予想されます。

価格にもよりますが、仮に国内でも2万円台で展開されれば廉価版5GラインナップのXperia 10 IIIやAQUOS sense5Gなどの強力なライバルとなりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました