Xperia 1のプロエディション、レギュラー版より「高品質なハードウェア」を使用か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日ソニーモバイルが発売したXperia 1の派生モデル、Xperia 1プロフェッショナル・エディション(Professional Edition)。

派生モデルとは言っても、有線LANへの対応やデフォルト設定の違い、出荷前のに個体毎のディスプレイ調整などを除き、海外版のデュアルSIMモデルと比べてハード的な違いはほぼ皆無、と言われています。

しかし今回、このXperia 1 PEが実際にはハード面でもレギュラー版 Xperia 1とは異なる部分がある、という新情報がでてきました。

Xperia 1 PEのハードウェアはXperia 1 (レギュラーモデル)とは異なる。ハードウェアの一部でよりハイクオリティーなものが使われている。ファームウェア面ではデフォルト設定や追加ソフト以外に大きな違いはない。

このXperia 1 PEは国内での価格が税込15万円と、レギュラー版の約10万円との約5万円の価格差に首をかしげている方も多い模様。

ただ、ハード面でレギュラー版よりも高品質なものが使われているのであれば、この価格差も納得が行くのかもしれません。

一方、今回の情報からは具体的にどういった部分が異なり、「高品質」のかまでは言及されていませんが、ひょっとするとカメラレンズやセンサーのメーカー、また、ストレージ規格がUFS3.0、なんてこともあるのかもしれません。

無関係かもしれませんが、そういえば、ソニーモバイルの海外公式フォラムに投稿されていたXperia 1のストレージタイプについての質問に対し、公式サポートは「お答えできません」といった返答をしています。

なお、このXperia 1 PEは国内版モデルの型番はJ9150ですが、これとは別にJ9180という型番の存在が中国の認証機関、TENNAを通過しており、これは中国版Xperia 1 PEに該当する可能性が高いと言われています。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました