【噂】Xperia 5 IIの標準スペック、日本版「以外」は12GB+256GB搭載に?

スポンサーリンク

Xperia 1 IIの後続機/小型版、そしてXperia 5の後継機として2020年秋冬のリリースがほぼ確実な次期Xperiaフラッグシップ、仮称「Xperia 5 II」。

あと1週間ほどで正式発表されるこの次期Xperiaモデルのスペックについて興味深い情報がリークされていました。

X5II will have 12GB RAM + 256GB in most region except in Japan.

これ、GIZMOCHINAのコメント欄に渡航されていたもので、投稿者の信頼性は未知数。
内容としては、「Xperia 5 IIでは日本版といったいった一部地域向けのモデルを除き、12GB RAM+256GBストレージが標準搭載される」というもの。

そういえば、先日、有名リーカーZackbucks氏が以下のような意味深投稿をしていました。

これ、中国もしくは香港で10月にXperia 1 IIの12GB+256GBが新色とともに発表、もしくはリリース、という意味と受け取っていたのですが、見方によっては手のアイコンが5、ニワトリが「2」にも見えなくないような(←強引すぎ?)

となると、Xperia 5 IIが10月に12GB+256GBでリリース、とも解釈できるような気もします。(うーん、やっぱり強引?)

いずれにせよ、Xperia 1 IIのアップグレード版が12GB RAMとなっていることから、Xperia 5 IIかは12GB RAM搭載が「標準」となることはそれほど不自然ではないような気もします。

一方、これまでの海外発情報ではXperia 5 IIは標準モデルが128GBストレージ搭載といわれており、これ自体、今回の情報と矛盾します。

それにしても、国内向けがまたダウングレードというのは日本のユーザーからは落胆の声も聞こえてきそう。

国内版Xperia 5 IIで削られるのはメモリ?それともストレージ?

ただ、今回の情報、仮に正確なものだとしても疑問が残ります。

というのも、今回の情報は「日本版が12GB+256GBではない」と言っているだけで、具体的にどのように違うのかは不明。
つまり日本版のスペックがグレードダウンされるにしても、以下の3つの可能性があります:

・8GB+128GB
・8GB+256GB
・12GB+128GB

基本的には上の2つのどちらかである可能性が高いような気もしますが、断定はできません。

一方、Xperia 5 IIは先日ドコモ版SO-52Aのベンチマークスコアが発見されており、少なくとも同キャリアからリリースされるバージョンが8GB RAMとなることは確実。

スペックが海外版から削られるにしても、ユーザーにとってどの部分が重要かはマチマチ。

信憑性は不明ですが、非常に気になる噂です。

コメント

  1. くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」 より:

    ぶっちゃけもう誰も何とも思わないんじゃねw
    不満ならSIMフリー待って買えばいい

タイトルとURLをコピーしました