SD865に下位チップ、SD860が存在?SD875 Liteが存在の可能性も

スポンサーリンク

クアルコムの最新チップ、と言えばSnapdragon 865。

2020年のフラッグシップ/ハイエンドAndroidスマートフォンのほとんどの機種に採用されています。

一方、同社は先日このSD865のアップグレード版、 SD865+をリリース。

すでにGalaxy Note 20シリーズやASUS ROG Phone 3など、すでに複数の機種に搭載されており、次期Xperia、仮称Xperia 5 IIなどへの搭載も噂されています。

そんなSD865シリーズですが、今回、同チップに「下位モデル」が存在する可能性がでてきました。

Weibo上の有名リーカーからの情報で、これによるとQualcommには未発表チップとしてSnapdragon 860が存在する可能性があり、また、次世代のSnapdragon 875には「Lite」が存在するかもしれない、とのこと。

現状ではSnapdragon 865の一つランクしたのチップと言えばSD765/765Gですが、今回の情報が正しければSnapdragon 865と765の間にもう一つ、ハイエンド向けチップが存在する、ということに。

ただ、番号からするとSD865より性能が低くなると思われ、ひょっとするとSD865のクロックスピードを落としたバージョン、なんてこともあるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました