Galaxy S11のデザインは「原点回帰」? Galaxy S8よりも丸っこく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年の2月、遅くとも3月には発表、3月~4月のリリースが予想されている新型Galaxy、Galaxy S11シリーズ

カメラ周りの大幅なアップグレードに加え、バッテリーの増量、120Hzリフレッシュレートに対応したディスプレイの搭載など、スペック面でかなり大きな変化がありそうな同シリーズですが、外観についても前モデルのGalaxy S10シリーズから大幅な変更が行われる可能性がでてきました。

Galaxy関連のリーク情報では定評のあるice universe氏(i冰宇宙)がWeibo上に投稿したもの。

これによると、Galaxy S8以来角ばったデザインになっていたGalaxy Sシリーズが、Galaxy S11ではGalaxy S8以上に丸みを帯びたデザインになる、とのこと。

過去4世代のGalaxy Sシリーズを比較すると:

Galaxy S7、Galaxy S8、Galaxy S9、Galaxy S10。相対的なサイズは適当です

確かに過去に丸っこい外観だったSシリーズですが、特にGalaxy S10では角ばったデザインになっています。

Glaxy S8よりも丸っこい、ということは‘Galaxy S7くらいということでしょうか。

今年のGalaxy S10シリーズのデザインについては少なくとも国内では良い意味で従来のGalaxyっぽくない、という好意的な意見が散見されます。

が、これを元に戻すとなるとどうなんでしょう。

丸みを帯びたデザイン=過去のGalaxyのようなデザインになるとは限りませんが、この点については好き嫌いが分かれそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました