【噂】次期Xperiaに5G対応「Xperia 20」?ネーミングルールが「微妙」に変更か

2020年後半の新型Xperiaラインナップ。

今のところ、Xperia 1 IIの小型モデル、Xperia 5の後継機である仮称Xperia 5 IIのリリースは既定路線として、その他の機種についてはまだ様々な噂レベルの情報が交錯している状態でいまいち全体像が見えてきません。

そんな中、次期Xperiaの方向性およびネーミングについて興味深い投稿情報が見つかりました。

これによると、来年もしくは今年後半からXperiaのネーミングルールは「若干」変更され、エントリーモデルとしてXperia 20が追加されるとのこと。

さらに、このシリーズのリリースからXperiaはすべて5G通信対応になるとのことです。

この情報、元はReddit上の投稿と思われますが、同サイト上の投稿は未確認です。

まず、今年後半~来年にかけてXperia 20あるいはXperia 20”台”のローエンドモデルがリリースされるとのことで、興味深いのは5G対応になると言う点。

そういえば、どこかでXperia 10 IIはXperiaシリーズとしては最後の4Gモデルになるという情報もみかけました。

なお、このXperia 20=エントリーモデル、ということはXperia LシリーズがそのままXperia 20シリーズに変更、ということでしょうか。

昨年のソニー関係者へのインタビュー記事ではXperiaは今後1~10の間で展開されるとのことでした。

一方、詳細は不明ですが、今回の情報が正しければXepria 1~9までがハイエンド/フラッグシップ、Xperia 10”台”がミッドレンジ、そしてXperia 20”台”がローエンド/エントリーモデルという位置づけになるという印象。

一方、今までで一桁台のXperiaはXperia 1/1 II、Xperia 5、Xperia 8が存在しますが、8だけはミッドレンジで、上記のルールからは外れます。

ネーミングルールが若干変わる、というのはこういった部分も指しているのかもしれませんね。


コメント

  1. arrows man より:

    Xperia 10 IIは久々に売上ランキング上位に君臨したXperiaなので頑張ってほしいです。

  2. 青島厚二郎 より:

    Xperia10mk2のランキング上位進出を、1ユーザーとして、本当に嬉しく思います。あのデザイン、スベツク、価格、私はこの端末欲しさに、キャリアをauからYmobileに変え、アイフォンからアンドロイドに変えました。大幅なスベツクダウンですが、それでも構いません。所詮は、趣味のアイテ厶です。
    今後もXperiaシリーズの健闘を祈ります。

  3. 名無し より:

    まぁ確かにネーミングルールはいまいち一貫性がない感じあるよね
    1~10で展開するという割にL3とかAceとかね
    きちんと数字で展開するよう徹底した方が良いとは思う

タイトルとURLをコピーしました