個性的なデザインのHuawei P40 Lite “E”ことHuawei Y7pが公式発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーウェイの最新モデル、と言えば2020年最初のフラッグシップとなるHuawei P40/P40 Proが話題の中心。

フラッグシップとしてはGoogle Playストア/Google系アプリを非搭載で初めてグローバルに展開されるといわれています。

そして今回、このP40シリーズの下位モデルとなるHuawei P40 Liteの派生機種?、「Huawei P40 Lite E」としてもリリースされる新型ミッドレンジ、Huawei Y7pが公式発表された模様です。

裏面に2本のラインが入ったなかなか個性的なデザイン。

同モデルはタイなどでは「Huawei Y7p」として展開されますが、Winfutureによると他の一部の国・地域では「Huawei P40 Lite E」としてもリリース予定とのこと。

ご覧のようにカメラはトリプルカメラで48MPの広角、8MPの超広角、2MPの深度センサーという構成になっています。

ディスプレイサイズは6.39インチで720 x 1560のHD+、CPUはKirin 710F、メモリは4GB、ストレージは64GB、バッテリー容量は4000 mAhとのことです。

中国などですでにリリース済みのNova 6 SEが無印の「Huawei P40 Lite」になるとのことですが、スペック的にはこちらの方が上。

Huawei P40 liteの「正体」& スペックが判明、Nova 6 SEの別名モデルとしてリリースへ
ファーウェイが毎年春から初夏にかけてリリースしている「上半期モデル」、Huaweo Pシリーズ。この2020年版となるHuawei P40シリーズの廉価版、Huawei P40 Liteの「正体」が判明した模様です。Huawei P40 L

よって、このHuawei P40 Lite EはHuawei P40 Liteのさらに下位モデル、という位置づけになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました