SD865+搭載で5.2インチの新型コンパクトXperia、「Xperia 7」が存在か

スポンサーリンク

ソニーモバイルの次期Xperiaフラッグシップ、と言えばXperia 1 IIの小型モデル、そしてXperia 5の後継となる仮称「Xperia 5 II」。

このXperia 5 IIについてはすでに該当すると思われる機種がすでにソニーのサーバー上でOEM IDの存在も確認されています。

一方、これ以外の次期Xperiaについてはまだどれも信ぴょう性に乏しい情報ばかり、というのが現状です。

そんな中、Xperia 5 IIよりも小型となる2020年後半の新型コンパクトXperiaについての噂情報が浮上しました。

当サイトでもお伝えした謎のSD865+搭載Xperia「Sony 7Y6DU1I 」を覚えていますでしょうか?

今回の情報はGIZMOCHINAの同モデルについての記事のコメント欄に投稿されていたもので、要はこのSony 7Y6DU1IはXperia 5 IIでなく、ソニーがリリース予定の別の新型Xperia(Xperia 7?)のもの。そして同モデルはSD865+搭載の5.2インチコンパクトモデルになる、とのこと。

一方、このモデルについてはグローバル展開されるかは不明でアジアもしくは日本限定モデルになる可能性もあるとのことです。

ただ、このモデルについては以前、Xperia 5 IIではなくフォルダブルのもの、という情報もでてきており、これはある意味今回の情報とは「正反対」の矛盾するもの。

どちらが正しいのか、あるいはどちらも正しくないのかもしれませんが、非常に気になる情報です。

なお、SD865+についてですが、これはサムスンがGalaxy Note 20シリーズやFold 2など今年後半にリリースするハイエンドモデルのほぼすべて、そしてZenfone 7やROG Phone 3などに搭載されることもほぼ確実となっており、どうやら今年後半のハイエンドモデルには標準的に採用されそうな感じとなっています。
(そのためか、このチップは「SD865+」ではなくあくまでクロックアップされた「SD865」という説も)

そういった意味で、2020年後半のXperiaにも同チップが採用されるのは不自然ではなく、以前より、Xperia 5 IIにもこのアップグレード版SD865が搭載されると言われていました。

ちなみに一応昨年からの新ネーミングではXperia 1~10で数字が上がるほどスペックは下がる、というのが一応のルールの模様。

一方、この5.2インチのコンパクトXperiaが実在、SD865+を搭載するとなるとXperia 5 IIよりサイズは小さいがスペックは同等、ということになりそう。

となるとXperia 7よりもXperia 5よりも小さい数字、Xperia 2、Xperia 3、Xperia 4のいずれかの方がしっくりくるような気もします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました