ソニーがローエンド新型Xperiaも国内リリース?「XQ-AQ52」の正体はMT6765搭載のエントリーモデルか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここ最近で「新型Xperia」と言えば先日正式発表されたXperia 5 IIが話題の中心。

一方で、このXperia 5 II以外の未発表Xperiaの型番やOEM IDも発見されており、まだ今年だけでも1~2モデルは新型Xperiaの発表がありそうな雰囲気となっています。

そんな中、Xperia 5 IIではない別のXperiaについて興味深い新情報がでてきました。

XQ-AQ52 is entry model Xperia with MT6765, coming to Japan as well.

XQ-AQ52はMT6765 (Mediatek Helio P35)を搭載したエントリーモデルで日本でもリリースされる

XQ-AQ52/53という型番は先日、Xperia 5 II (XQ-AS02)と共にECC認証を通過しており、実在することは確か。

一方、Mediatek Helio P35はローエンド向けのチップで、XperiaシリーズでMediatekチップを搭載した機種、と言えばXperia Lシリーズ、ということに。

ただ、Xperia L4の後継機だとするとリリースは来年のはずです。
また、国内でのリリース予定もある、とのことですが、これまでソニーが国内でMediatekチップを搭載した「ローエンド」を展開した例はなかったような。

ただ、ソニーは先日、今後の方向性として国内でも積極的にSIMフリー機種を展開する予定を示しています。

そういった意味で、今後は国内でもローエンド、ミッドレンジ、ハイエンドまでSIMフリーモデルをリリースという可能性は十分にあるような気はします。

コメント

  1. ななし より:

    凝りもせずスナドラ450使いまわしてる某ア〇ーズみたいにはなってほしくないから純粋にスナドラ7xxの採用したSIMフリーのミドルスマホとか出してほしい

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました