Xiaomi、12/9の発表で15製品を一斉投入か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界第4位のスマートフォンメーカー、Xiaomi(シャオミ)。

12月9日に日本向けに初リリースする製品の発表が行われ、かなり注目度が高いという印象。

同社は発表会告知以来、Twitter公式アカウントを通していくつかのヒント・ティザー情報を提供しており、すでにXiaomi Mi Note 10が国内向けにリリースされることは確定。

そして本日、二つ目の「ヒント」をツイートしていました。

右下のものはXiaomi Mi Note 10で確定ですが、右上のものについてはスマートフォンには見えません。

これ、同ツイートに返信しているユーザーさんによると同社のスマートウォッチ、Mi Band4とのこと。

なるほど、私は全く分からなかったのですが、確かにシェイプはそっくりなのでほぼこれで間違いなさそうです。(ちなみにTwitterではこれにFelica (おサイフ機能)が付いてくるかが焦点となっている模様)

ちなみにティザー開始直後から使われているこの画像ですが、オレンジのドットは合計15個。

ひょっとしてこのドットの分だけ、合計で15製品リリース発表、なんてこともあるのでしょうか。

一方で、すでにリリースがほぼ確定しているのがMi Note 10、今回のMi Band4、そしてこれとは別にティザーされたMi MIX Alphaの3モデル。

スマートフォンだけではないにしろ、あと12製品もリリースされるとなると、これは一度に発表される製品としては前代未聞の規模。

国内で中国勢と言えばファーウェイが米政府による輸出規制で失速気味のところにOppoが勢力を拡大中、という印象も受けます。

ここに小米(シャオミ)も参入となればユーザーにとっては良い意味での三つ巴の戦いとなりそうです。

ちなみにこれは私の根拠のない勘/希望的観測ですが、この日本向けXiaomi製品、先日SD865の発表とほぼ同時に存在が確認された同チップ搭載の Xiaomi Mi 10の国内リリース発表すらあり得るのではないかという気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました