iPhone 12 Max/Proの設計図がリーク、サイズが判明か

スポンサーリンク

アップルが今秋にリリース予定の2020年iPhone、iPhone 12シリーズ。

例年よりも全体的に発売時期がずれ込み、一部モデルはリリースが年末になるとも言われています。

一方で、このiPhone 12については徐々にリーク情報も増えてきていると言う印象。

そんな中、このiPhone 12シリーズの1モデルのものとされる設計図の一部がリークされていました。

左上にiPhone 12-6.1と記載されており、全体の寸法は146.7 x 71.56 x 8.95mmとなっています。

ノッチのサイズなどは前モデル、iPhone 11シリーズから大きな変化はなさそうですが、側面図を見る限り、すでに出回っているレンダリング画像どおりかなり角ばったデザインとなりそう。

なお、今回のモデルがiPhone 12シリーズのどのモデルに相当するのか?という点ですが、今のところの情報によるとこのiPhone 12シリーズは以下の4モデル展開になると言われています:

iPhone 12: 5.4インチ
iPhone 12 Max/Plus:6.1インチ
iPhone 12 Pro:6.1インチ
iPhone 12 Pro Max/Plus: 6.7インチ

一方、今回のサイズ情報でiPhone 11シリーズに一番近いのはiPhone 11の150.9 x 75.7 x 8.3 mm。
同モデルのスクリーンサイズも6.1インチなので、この設計図上のモデルはiPhone 12 MaxあるいはiPhone 12 Pro、という可能性が高そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました