Galaxy S21のディスプレイ、BOE製は品質テストに「不合格」、結局自社製を搭載の模様

スポンサーリンク

サムスンの来年のフラッグシップモデル、Galaxy S21シリーズ。

今回、この次期フラッグシップGalaxyに搭載されるディスプレイが結局サムスン製になる、という情報がでてきました。

Galaxyがサムスン製スクリーンを使うのは当たり前じゃない?という方も多いと思うので、ちょっと話をおさらい。

まず数週間前に一部の情報筋より次期Galaxy Sシリーズ、つまりGalaxy S21シリーズではサムスンの自社製ではなく中国のBOE社製OLEDが搭載される、という情報がでてきました。

これは結構信頼性の高いソースからの情報だったので、おそらく当時の情報としては正確なものだったと思われます。

これについてはコストダウンのため、といった見方もありましたが、OLEDシェアトップのサムスンがフラッグシップに自社製ディスプレイを使わない、というのは結構なサプライズといった感じでした。

しかし今回の情報によると:

韓国メディアが伝えたもので、これによるとBOE製のOLEDディスプレイはサムスンの品質テストに具合格となり、Galaxy S21では結局自社製ディスプレイを使う可能性が大きくなった、とのこと。

BOEのLCDでは世界最大のシェアと言われておりここ数年、有機ELでも大きくシェアを拡大。
サムスンと比べると新参者ではありますが、ディスプレイのクオリティ自体は特に劣っているといった話はあまり聞きません。

よって、今回のニュースがユーザーにとって良いことなのか悪いことなのかは不明ですが、なんだか最初から仕組まれた話のように思えてしまうのはきっと私の心が汚れているからでしょう・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました