次期Xperia「Xperia 5 II」のベンチマークスコアが発見か、10GB RAMを搭載?

新型Xperia、と言えばフラッグシップのXperia 1 IIですが、秋ごろにリリースされると言われているXperia 5の後継機、仮称「Xperia 5 II」の存在も気になるところ。

この次期Xperiaのスペックについては、120Hzディスプレイを搭載するとも言われていますが、それ以外はXperia 1 IIの小型版という位置づけとなる模様です。

そして今回、このXperia 5 IIの可能性が高いとされるベンチマークスコアが発見された模様です。

「XQ-BT52」という型番が記されていますが、どこにも「Xperia」や「SONY」とは表示されていません

一方、今のところ2020年版のXpreriaの型番は:

Xperia 1 II
XQ-AT51
XQ-AT52
XQ-AT72
SO-51A
SOG01

Xperia 10 II
XQ-AU51
XQ-AU52
SO-41A
SOV43

Xperia L4
XQ-AD51
XQ-AD52

となっています。

XperiaBlogの説明では海外モデルの場合、最初の「XQ」は年式、最後の「1」及び「2」はシングル/デュアルSIM版を表している可能性が高い、とのこと。

そして「T」がプラットフォーム(搭載チップ)を表すものだと仮定すると、今回のXQ-BT52は2020年の2つ目のSD865搭載フラッグシップ+デュアルSIMバージョン、ということに。

さらに現在のところソニーが2020年にリリース予定のフラッグシップは2機種の可能性が高く、となるとこのXQ-BT52はXperia 5 IIのものである可能性が高い、ということではないでしょうか。

なお、このスクリーンショットはGeekbenchのベンチマークスコア比較ページのもののようで、比較対象となっているSOG01はau版のXperia 1 IIのもの。
これはサイト上でも直接確認できる数値なので「本物」であることは間違いなさそう。

一方のXQ-BT52については私のサーチ方法が悪いのか、同サイト上で直接発見できておらず、本物であると言う確証は取れていません。

Xperia 5 IIはメモリ増量、10GB RAM搭載?

また、今回のベンチマーク・スクショで興味深いのはメモリ部分。

ご覧のように9.29GBとなっており、これは10GB RAMを表している事になります。

ご存知のようにXperia 1 IIのメモリは8GBなので、Xperia 5 IIでは一部スペックがアップする可能性もあるということになります。

ただ、XperiaはXperia 1 IIで以前の6GB→8GBにメモリ増量をしたばかり。
また、少し前には次期Galaxyフラッグシップ、Galaxy S20のメモリが6GB RAMにスペックダウンされると言う情報もあり、一時の「メモリ増量競争」も一息ついてきた感じ。

こういった点から考えてXperiaがわずか半世代で、しかも10GBという中途半端なメモリを搭載すると言うのはちょっとピンときません。


コメント

  1. より:

    フツーに据え置きで4K⇒フルHDのサイズダウンやろ

タイトルとURLをコピーしました