Galaxy Note 20のケース鋳型がリーク、S20 Ultraと酷似した外観に?

スポンサーリンク

サムスンの新型Galaxy、と言えば国内でもドコモとauが発売済みのGalaxy S20、5月発売予定のS20+、そして今のところ国内リリースの予定はなさそうなS20 Ultra。

今回、2020年後半のフラッグシップとなるGalaxy Note 20 (Note 11)用ケースの「型」がリークされていました。

情報の正確性ではほぼ100%の有名リーカー、Roland Quandt氏からのものなので、本物であることは間違いないでしょう。

あくまでGalaxy Note 20向けのカバーの「鋳型」のものなので、多くのことは分かりませんが、カメラ部分がかなり大きく、Galaxy S20 Ultraと非常に良く似た外観になることは間違いなさそう。

ただ、Galaxy Note 10シリーズでは端末左側に搭載されていたボタンがNote 20では左側に移動する模様です。

なお、同氏はこの機種を「Galaxy Note 11 (Plus)」としていますが、2020年Galaxy SシリーズがS20となったことを考えると、同機種の名称はNote 20シリーズと仮定するのが普通。

わざわざ「Note 11」と呼ぶには何か意味があるのかもしれません。

ちなみに昨年のGalaxy Note 10シリーズもかなり苦戦したと聞きます。

それもそのはず、ここ最近ではGalaxy SシリーズとNoteシリーズのサイズはかなり近づいてきており、わざわざNoteを選ぶ理由というのが減ってきているような。

となるとやはりGalaxy Noteシリーズはサイズ以外でSシリーズとの差別化をしないと、先が厳しいような気がします。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました