Xperia 1 IIにはRAMやROM、ミリ波対応のアップグレード版「Premium」もしくは「新色」が存在の可能性(噂)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年前半新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 II

国内ではドコモ版が4月末、au版が5月にリリース予定となっていますが、一部では生産の遅れによる発売の遅延や品薄の噂もでてきています。

そんなXperia 1 IIですが、今回、同モデルに未発表の新「バリエーション」が存在するという、ちょっと興味深い噂が浮上しました。

ESATO上に投稿されていたもので、要約すると:

Xperia 1 IIの製造番号によると、同モデルにはまだ発表されていない「種類」のモデルが存在する。このモデルはメモリやストレージ、ミリ波対応といった「Premium版」かもしれないし、ただ単に一つのカラーバリエーションである可能性もある

とのこと。

要は、すでに発表済みのXperia 1 IIと比較して具体的にどういった違いがあるかは不明ながら、何らの異なるバージョンが存在する、ということ。

いままで噂ですら見かけなかった全くの初耳の情報なので、現時点での信ぴょう性は低いと言わざるえません。

また、厳密には「アップグレード版」ではなく別モデルですが、Xperia 1 IIには同モデルとベースとしたプロフェッショナル用モデル、Xperia Proがすでに存在します。

そういった意味で、わざわざXperia 1 IIをスペックアップしたモデルをリリースするというのはあまりメリットがないような気もします。

ただ、Xperia XZ Premiumの「レッド」時のように、最初のリリースから数か月後に新色がリリースされるという可能性は十分にありそうです。

ちなみにこのXperia 1 II、国内ではドコモ版のSO-51Aはパープル、ブラック、ホワイトの全色、au版SOG01はブラックとホワイトの2色展開となります。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました