Xperia 1 II「予想外の人気」と「流通の遅れ」でリリースが数週間延期の可能性?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 II。

メモリ8GBに256GB(国内版は128GB)、イヤフォンジャック復活にワイヤレス充電など、前モデルからのと比べてもスペック的には合格点といった感じで、久々に前評判の非常に良いフラッグシップXperiaといった感じです。

そんなXperia 1 IIですが、今回、このリリース時期についてちょっと気になる情報がReddit上に投稿されていました。

Xperia 1 IIのリリース、数週間の遅延?

上の投稿はXperia 10 IIの台湾版リリース時期についてのものですが、気になるのは最後の部分。

台湾のソニー直営店からの情報として、Xperia 1 IIの発売日は新型コロナウイルスによる流通の遅れ、そして当初の見込みを超える人気により同モデルのリリースは数週間遅れる、とのこと。

サプライヤーの流通網が影響を受けているのはおそらくどのメーカー、どの業種でもありえるので、これについては特にサプライズではありません。

が「予想外の人気というのはちょっと意外。

というのもXperia 1 IIはまだ海外ですら正式に事前予約を受け付けていない状態なので、普通に考えれば事前に需要を把握するのはできないはず。

それとも、大手小売店などからの発注状況などから判断しているのでしょうか。

一方、国内では明日18日にドコモ版SO-51Aが、23日にはau版SOG01が正式発表されることが確実視されていますがリリース時期についてはまだ不確実な情報しかありません。

海外版でもソニーが公式発表しているのは「春」という点だけで、有名リーカーの情報ではヨーロッパが4月後半、日本とアメリカが5月、そして中国が6月とされています。

もしこの情報が正しく、そして今回の数週間のリリース遅延も本当であれば、国内キャリア版Xperia 1 IIのリリースは6月くらいまでずれ込む可能性がある、ということでしょうか。

コメント

  1. 新型ズルトラはよ出してぇ~ より:

    Xperia 1 IIの ultra が出れば20万円でも即買い

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました