新型「Xperia 1 2020」の残念バッテリー容量が判明、Xperia 1以下のバッテリー持ちか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型Xperia、と言えば本日、2020年モデルXperiaとしては初めてのエントリーモデル、Xperia L4が発表されました。

このSD865搭載で初の5G対応となることが確実(4Gモデルが存在との情報もあり)な次期Xperiaですが、今回、この通称「Xperia 1 2020」のバッテリー関連についてのちょっと残念な情報が発見されました。

昨年のL3と同じHelio P22を搭載、Xperia初のノッチなど、色んな意味で「サプライズ」な発表でしたが、やはり注目は2月24日に正式リリース発表されるXperia 1の後継機ではないでしょうか。

Xperia 1以下のバッテリー持ち?

これによると、Xperia 1 2020と呼ばれている新型Xperiaのバッテリー容量はXperia L4より少ない3520mAhになる、とのこと。

先日、有名リーカーZackbucks氏より新型Xperiaのバッテリー容量は3500mAh程度になる、というリーク情報がありそういった意味では今回の情報は整合性があります。

また、今回の情報によるとこの機種のバッテリー持ち時間はXperia 1以下になる、とのことです。

これが何らかのスペック表からの情報なのか、投稿者の予想なのかは不明。

ただそもそもXperia 1自体、バッテリー持ちに関しての評価はいまいちだったので、これは結構気になる情報です。

一方、Xperia 1のバッテリー容量が3330mAhだったので、同機種からは一応の「増加」とはなりますが、それでもバッテリー持ちが短くなるということは、やはり5G通信などでバッテリーを消費する、ということでしょうか。

そういえば、数日前?に5ちゃんねる上でこの新型Xperiaが120Hzリフレッシュレートに対応。その結果、バッテリー持ちがXperia 1の7~8割になる、という情報も見かけました。

Galaxy S20シリーズと比較して・・・

Galaxy S20シリーズのバッテリー容量は6.2インチのGalaxy S20が4000mAh、6.7インチのS20+が4500mAh、S20 Ultraは5000mAhとなっています。

一方、この新型Xperiaフラッグシップのスクリーンサイズは約6.6インチになると言われており、サイズ的に一番近いS20+と比較しても3割近くもバッテリー容量が少ないということになります。

また、これまでに発表されているSD865搭載の5G通信対応フラッグシップでバッテリー容量が4000mAh未満の機種はありません。

そういった意味で、この「Xperia 1 2020」は今年のSD865搭載モデルでは最少バッテリーを搭載したフラッグシップとなる可能性もありそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました