新型「Xperia 1.1」には5Gモデルと4Gモデルが存在、同スペックながら「少し小さい」?

MWC 2020への不参加が確定し、2月24日にYoutube上での発表となる新型Xperia

少なくとも1モデルがSnapdragon 865を搭載、5G通信対応となることが確実となっていますが、この次期Xperiaフラッグシップの「バリエーション」についてちょっと気になる情報がでてきました。

「Xperia 1.1 5G」と「Xperia 1.1 4G」が存在?

XperiaBlogのコメント欄に投稿されていたもの。

新型Xperiaフラッグシップには4Gバージョンと5Gバージョンが存在する。
基本的なスペックは両モデルとも同じながら4G版は少し小さく見える。
ただ、完全に間違っている可能性もある。

最後の「間違っている可能性」が4G/5Gモデルの存在についてなのか、サイズの違いについてなのかは不明。

ただ、4G版の方が小さく「見える」という点からすると後者の方が不確実な情報に思えます。

そもそもSD865搭載モデルに4Gモデルはない「はず」

当サイトでも過去に何度かお伝えしましたが、Snapdragon 865にはチップ本体にモデムは内蔵されておらず、すべての通信には別のモデムチップ、Snapdragon X55が必要です。

そしてこのX55は当然4Gと5Gの両方に対応しています。

よって、少なくともハード的にはSD865搭載モデルはすべて5G通信に対応、ということになります。

そういえば、先日、有名リーカーも次期Xperiaフラッグシップに4G版と5G版が存在する、という情報をリークしていました。

今のところ、SD865搭載で5G非対応、というモデルは発表されていないので、どうなんでしょう?

ただ、5G通信機能を搭載しているからと言ってそれを絶対に使わなければいけないわけでないので、4G通信のみすることは技術的にはもちろん可能。

Galaxy S20シリーズはどうなのか?

ご存知の方も多いとは思いますが、Galaxy S20シリーズにはSnapdragon 865搭載版とサムスンの自社製チップ、Exynos 990搭載版があります。

そして今のところの情報ではSD865搭載版が展開されるのは米国、中国(台湾含む)、中国だけとのこと。(ANDANDTECH情報)

一方で、Exynos 990搭載版に4Gモデルと5Gモデルの両方が存在することは確かですが、SD865搭載版に4Gモデルが存在するのかは今のところ不明です。

ただ、無印のGalaxy S20については5G対応版がミリ波に非対応となっており、これはミリ波に必要な二つのアンテナを搭載するスペースがないことが理由、とされています。

国内向け「Galaxy S20」はリリースされない可能性、5Gミリ波に非対応
先ほど正式発表されたサムスンの新型フラッグシップ、Galaxy S20シリーズのトリオ。S20、S20+、S20 Ultraという3モデルで、これらのサイズ以外の違いは何といってもカメラ性能・仕様の違いだと思います。ただ、このGalaxy

ひょっとするとこの新型Xperiaもミリ波への対応がネックとなって4Gと5Gモデルを分けた、という可能性もあるのでしょうか。

一方で、例え1ミリであれサイズが違えば一応外観も違う、ということに。
そして外観が違えば「別モデル」として扱われるのが普通です。

Zackbucks氏は上の一連の投稿の中でこの新型Xperiaには「Pro版」も存在し、同時発表されるとも。

この「Pro版」についてはXperia 1 Professional Editionのような存在で、おそらくレギュラー版と異なるのはソフトとディスプレイのチューニングくらい、と思っていたのですがひょっとしてレギュラー版「Xperia 1.1」が4G、「Xperia 1.1 Pro」が5Gモデルなどという可能性もあるのでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました