Lenovo、Antutuスコア60万超えのゲーム用スマホをリリース予告

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国の電子機器メーカー、Lenovo。

スマートフォンメーカーとしての製品展開は地味ですが、モトローラを傘下に収め、motoシリーズを展開するなど実は結構スマートフォン部門にも力を入れている感じです。

そして今回、このLenovoがゲーム用スマートフォンをリリース予定であることが明らかになりました。

「Game on」とあるようにゲームに特化した機種となることは確実。

そしてSD865を搭載し、Antutuベンチマークで60万ポイント以上となることが「予告」されています。

ちなみに、公になっている現在のAntutuスコアの既存最高値は先日発表されたXiaomi Mi 10の58万点台。

ただ、ベンチ測定用のブースト機能などなしで同じSD865搭載で2万ポイントもスコアに差を付けるのは可能なのでしょうか。

ゲーム用スマートフォンとして代表的なのはやはりXiaomiのBlack Shark、そしてASUSのROG Phoneでしょう。

ただ、2020年にリリースのハイエンドモデルはGalaxy S20シリーズやXiaomi Mi 10シリーズなどを初め、90~120Hzリフレッシュレートが「標準」となりつつあり、バッテリー容量も大きく増量されています。

そういった意味で、普通のハイエンド・スマートフォンと「ゲーム用スマホ」の境目はあいまいになりつつあり、差別化が難しくなっているという感じもします。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました