新型Xperia「ウオッチ」誕生の可能性?有名リーカーがWenaとの「リンク」を示唆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新スマホ、と言えば言うまでもなく、Xperia 1 III、Xperia 5 III、Xperia 10 IIIの「III」兄弟。

一方、ソニーが「ソニーモバイル」、つまりXperiaブランドを冠してスマートウオッチに本格参入する可能性がありそうです。

以下は少し前に有名リーカー、Zackbucks氏がWeibo上に投稿していたもの。

私の下手な意訳で誤解が生じるのも良くないので、あえてちょっと不自然ですが、Google先生による翻訳をそのまま載せます。

昔のニュース、ソニーの時計バンドブレスレットウェナ事業は2021年4月にソニーモバイルコミュニケーションズ部門に統合されました。将来的にはXperia×ウェナのリンケージがあるかもしれません。中国で発売されることを願っています

キーとなるのはXperia x Wenaの「リンク」という点の解釈。

Wenaはスマートウオッチなので当然Xperiaはもちろん、他のAndroidスマートフォンやiPhoneとでも「リンク」、つまりペアリングは可能です。

よって、今回の「リンク」は明らかに他の意味があると思われます。

可能性が高いのはXperia x Wenaの連携だけで可能な何らかの新機能の紹介。
ただ、「中国で販売」を望んでいる、ということは何らかの物理的な製品、という可能性が高そう。

いずれにせよ、わざわざこういった情報を提供する、ということは新型ウェアラブルとして「Xperiaウオッチ」が登場、なんて可能性もありそうです。

また、もしソニーがスマートウオッチをXperiaブランドのラインナップに組み込むのであれば、OSも従来の独自OSからGoogleのWear OSへ変更、という可能性もありそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました