SD865+2K 120Hz画面、「Xiaomi Mix 4 Pro」の画像とスペックがリーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小米(シャオミ)の未発表新型モデル、「Xiaomi Mix 4 Pro」のものとされるレンダリング画像、そしてスペックがリークされていました。

縦に三つ並んだカメラの横には長方形の穴があり、これはペリスコープ(潜望鏡)タイプの望遠レンズではないかと思われます。

スペックはSD865+X55で5G通信対応、ディスプレイは2K解像度で120Hzリフレッシュレートに対応と書かれています。

Galaxy S20シリーズも120Hzリフレッシュレートに対応しますが、同シリーズの場合、120Hz表示の際はスクリーン解像度がFHD(厳密にはFHD+)に落とされる仕様になると言われています。

またバッテリー容量は4500mAhで66W高速充電となっています。

SD865搭載のXiaomi製モデルと言えばすでにフラッグシップ、Xiaomi Mi 10/10 Proの存在が複数ソースより確認されていますが、今回の「Xiaomi Mix 4 Pro」は同社のSD865搭載モデルとしては2モデル目、ということに。

ちなみに以下は同一人物がWeibo上に投稿していたXiaomi Mi 10のものとされる画像。

非常に良く似たデザインですが、4つ目のペリスコープレンズが搭載されておらずトリプルカメラとなっています。

ただ、Xiaomi Mi 10シリーズに関してはMi 10 Proの実機とされる画像もリークされており、これとは全く異なる外観。

レギュラーのMi 10と上位モデルのMi 10 Proでデザインが異なる、という可能性も否定はできません。

一方、10日ほど前には以下のような10周年記念バージョン?のプロモ画像もリーク。

この他にもこのXiaomi Mi 10シリーズには「Explore Edition」など複数の派生モデルがあるようなので、どれがどれなのかは正式発表まで待った方がよさそうです。

小米は国内でも昨年末にXiaomi Mi Note 10/10 Proをリリースしていますが、今年はさらに複数機種がリリースされるはず。

よって国内でもXiaomi Mi 10/10 Pro、もしくはこのXiaomi Mix 4 Proのどちらか1モデルはリリースされてもおかしくないと思います。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました