5万円以下の格安SD888搭載スマホ、Realme GT 5Gが発表へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Realmeは2018年にOPPOのサブブランドとして設立され、2019年に分社化した中国のRealme。

同社の最新フラッグシップモデル、Realme GT 5Gの存在が公式に確認されました。

このRealme GT 5G、CPUにはSnapdragon 888を搭載したハイエンドモデルながら価格はなんと2999中国元(約4.9万円)未満になるとのこと。

すでに中国でSD888初搭載モデルとして販売されているSD888搭載のXiaomi Mi 11ですら3999元(約6.4万円)なので、SD888搭載で5万円以下というのは中国価格とは言え、かなりの破格です。

なお、このRealme GT 5Gのディスプレイはサムスン製のAMOLEDで120Hzリフレッシュレートに対応。指紋センサーは画面下埋め込み式となるようです。

なお、メモリは12GBのLPDRR5 RAMでストレージは128GBのUFS 3.1とのことです。

カメラ周りの詳細スペックは不明ですが、メインカメラは64MBセンサーを搭載。

バッテリー容量はまだ判明していませんが、3C認証通過情報から65Wの高速充電に対応する模様で、少なくとも判明しているスペックを見る限り、SoC以外でも文句なしのハイエンドといった印象です。

Realmeはブランド設立から3年未満ですが、インドなどを中心に急速にシェアを拡大しています。

また、噂レベルではありますが、日本への進出の可能性もあるようなので、是非このRealme GT 5Gを国内投入して欲しいところです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました