Xiaomi Mi 10 Proの公式画像と発表予定がリーク、画面下フロントカメラ搭載か

スポンサーリンク

昨年末に日本でも初のスマートフォン、Xiaomi Mi Note 10/10 Proをリリースした中国のXiaomi (シャオミ・小米)。

同社の2020年版フラッグシップ1号機となる新型モデル、Xiaomi Mi 10 Proのものとされる画像がリークされていました。

公式プロモーション用のフライヤーのようですが、このMi 10は小米10周年記念モデルとしてリリースするのでしょうか。

また、このXiaomi Mi 10の公式発表予定は2月23日で、北京で発表会が開催される模様。

特徴的なのは背面の丸形カメラ部分で、HuaweiのMate 30シリーズとよく似ています。

ただ、カメラレンズは円の中央上寄りに1つ見えるだけで後は不明。

一方、このXiaomi Mi 10にはノッチがなく、前面カメラらしきものが見当たりません。

ポップアップ式という可能性もありますが、Xiaomiはまだこのタイプのフロントカメラは採用したことがないはず。

となると、このMi 10が世界初のディスプレイ下前面カメラ搭載機種となる可能性もありそうです。

ちなみに角度と影のせいかもしれませんが、この機種、前面から見て左側のベゼルがないように見えるのは気のせいでしょうか?

なお、丸型のカメラ部分のデザインはMate 30シリーズでもあまり評判が良くないという印象ですが、どうなんでしょう。

かといってGalaxy S20シリーズなど、今年はさらに巨大化しそうな正方形・長方形のカメラ部分の出っ張りもデザイン的には批判的な声が多いのも事実。

カメラの多眼化とセンサーの大型化によりデザインに制限が出てきているという感じですね。

なお、無印のXiaomi Mi 10についてはこれに先立って画像がリークされています。

どちらかがフェイクという可能性もありますが、もし両者とも本物だとすると、カメラ部分を見る限り、無印とProでは随分と異なる外観にということに。

ちなみに他メーカーでも通常、無印と「Pro」や「Plus」などといった同世代のモデルはデザイン的にはかなり似ていることがほとんどで、ここまで両者のデザインが異なる同世代・同シリーズモデルというのは珍しいような気がします。

そういえば、先日、無印のXiaomi Mi 10 5Gのものとされるスペックがリークされていましたが、これによると同機種はメモリがLPDDR4X、ストレージはUFS2.1とのことでした。

Xiaomi Mi 10 5Gのスペックが判明、SD865搭載もRAMはLPDDR4X、ストレージはUFS2.1
中国のスマートフォンメーカー、Xiaomi(小米)。昨年末に国内でも最初のモデル、Xiaomi Mi Note 10/10 Proをリリースしましたが、今回、同メーカーの最新フラッグシップ、Xiaoimi Mi 10 5Gの詳細スペックが判

「Pro」の方ではこの部分で差別化し、RAMがLPDDR5、ストレージがUFS3.0となるのでしょうか。

コメント

  1. ひびき より:

    ポップアップ式のカメラXiaomiから数機種でてますよ…?

  2. スマホ3台携帯マン より:

    MI9T Pro
    ポップアップやねんけどな……

  3. 関優太 より:

    画面が曲がってる時点で論外
    ノッチも穴もなし平面ディスプレイでなければ買わない
    まあそんなのは暫く出なそうだから今更ながらk20 proを買ったよ…

  4. xiaomi大好きマン より:

    間違ったリークはこういうところからうまれる。メディアならちゃんと調べるべし

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました