ファーウェイに「スナドラ」が帰ってくる?MatePad ProにSD870搭載版が存在

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内でも販売されているファーウェイのハイエンドタブレット、MatePad Pro。

Kirin 990を搭載し、選択肢の少ないAndroidタブレットの中では一定の評価を受けているという印象です。

そんなMatePad Proにちょっと気になる「新バージョン」が存在するか可能性がでてきました。

熊本科技というWeiboユーザーが投稿していたもの。

サイズ、重量、バッテリー容量などは既存のMatePad Proと全く同じ。

しかし興味深いのはCPU。

搭載チップがSnapdragon 870、となっています。

既存版のMatePad Proに搭載されているのは先述のようにKirin 990。
一方、これが数年前ならば「スナドラ搭載版」が存在することは特に驚きではありません。

ただ、ご存知のようにファーウェイは現在、米政府から厳しい禁輸制裁の対象となっており、米国企業から半導体などの購入はできないはず。

正直、私はこの米政府による対ファーウェイ禁輸制裁の詳細まで理解しているわけではありません。

最後に見かけたファーウェイを取り巻く状況としては、昨年11月にQualcommはファーウェイに4Gモバイルチップを販売する許可を米国政府から得た、というニュースを見かけました。

ただ、これに関しては4G通信のみが可能な旧式のチップのみが対象、という情報も出ていました。

一方、Snapdragon 870は昨年のSnapdragon 865をベースにしているとはいえ、一応は2021年の最新チップ。
そういった意味で、従来のライセンスではクアルコムも同チップをファーウェイに販売できないはず、と思われますが、どうなのでしょう?

それとも、バイデン政権に移行後、水面下で何らかの新たな動きがあったのかもしれませんね。
(それともスマホはダメ、タブレットはOKなどという条件でもあるのでしょうか?)

もしそうであれば、今後、Huawei製スマートフォンにも少しずつSnapdragonチップを搭載した機種、というのが戻ってくるのかもしれません。

ただ、今回のSD870版MatePad Pro、OSについてはAndroidではなくファーウェイの独自OS、HarmonyOSが搭載とあります。

やはり、いくらハード的に元に戻っても、Android/Googleサービス・アプリが使えるようにならないと、やはり以前のような世界シェアは取れないような気がします。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました