Xperia 1 IIIが初の売上トップ10、中国での発売直後の出だしはかなり好調な模様

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2021年新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III

国内ではドコモ版SO-51B、au版SOG03の発売時期が7月以降にずれ込むことが明らかになっており、海外の一部でも同様の動きがあるようです。

一方、中国ではこのXperia 1 IIIが本日6月1日から発売。
これについて幸先の良いグッドニュースがReddit経由で投稿されていました。

これは6月1日の中国でのスマートフォン売上ランキングで、ご覧のようにXperia 1 IIIが10位に入っています。

ちなみにこの投稿者によると、Xperiaが中国で売上トップ10にランクインをしたことはない、とのことなので、事実であれば同国では初の快挙、ということになります。

中国で、普段どういったメーカーのどういった機種がこのランキングの常連なのかは分かりませんが、おそらく今回のものと大きな違いはないはず。

確かにXperiaの世界的なシェアが小数点レベルの%になっていることを考慮すると、発売初日という1日だけとは言え、同国で売上トップ10に入るのはかなり意外なことなのかもしれません。

前モデルのXperia 1 IIの中国でのリリースは他の国・地域よりもかなり遅れましたが、このXperia 1 IIIに関しては中国が初リリースとなっており、こういった点も影響しているのかもしれません。

いずれにせよ、ここ最近のXperiaフラッグシップの中では比較的好調な出だしとなったことは間違いなさそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました