Xperia ACE IIのベンチマークが発見、スペック通りの残念性能に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日、5月19日にドコモが2021年夏モデル新作ラインナップの1つとして正式発表することが確実な新型Xperia、Xperia Ace II

昨日、Google Playコンソールから主なスペックが判明し、外観なども含め、大部分の情報は明らかになっています。

そして今回、このドコモ版のXperia ACE II、SO-41BのベンチマークスコアがGeekbench上で初めて発見されました。

搭載チップは「MT6765」とあり、これは昨日のGoogle Playコンソールから見つかった情報と一致、Mediatek製のMediaTek Helio P35、ということになります。

なお、搭載メモリ4GB RAMとなることも確認できます。

ちなみに2年前の前モデルとなるXperia ACEのドコモ版SO-02Lのベンチマークスコアは以下の通り。

つまり、Xperia ACE IIのベンチマーク上の性能は2年前のSnapdragon 630を搭載した前モデルよりも1割程度低い、ということになります。

ミッドレンジ/エントリーモデルとはいえ、前モデルよりも性能が落ちる新型モデル、というのはあまり前例がないように思えます。

ただ、このXperia ACE IIは機種名としては初代Xperia ACEの後継機とされていますが、実際にはMediatek製チップを搭載するなど、スペック的には昨年のエントリーモデル、Xperia L4の後継機と言った感じです。

ちなみに本日の発表会では富士通からもエントリーモデルと思われるarrows Be5 F-41Bが発表されることが確実ですが、このXperia Ace IIのスペックや価格は同モデルよりも低くなりそうです。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました