Galaxy S20 Ultraで「ハルク現象」こと緑面不具合が発生、最新アプデが原因か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新フラッグシップ、Galaxy S20シリーズ。

この最上位モデルにあたるGalaxy S20 Ultraで画面が緑色に変色する通称「ハルク画面」不具合が大量発生している模様です。

公式フォラム上で報告されていたもので少なくとも10件以上、同様の症状の報告が投稿されています。

この問題、どうやら先日、4月分のセキュリティーパッチと共に提供された最新アップデート後から発生している模様。

よって、今のところはソフト的な不具合である可能性が高そう。

また、発生条件としてはディスプレイのリフレッシュレートが120Hzになっている場合や、画面の輝度が比較的に低いときに特に顕著のことです。

さらに今のところはExynos搭載バージョンのみで発生している模様です。

ちなみにGalaxy S20 Ultraは今のところは国内リリースの予定はありません。
ただ、1件だけですが、Exynos搭載版のGalaxy S20での症状報告もあるので、ひょっとするとこれは機種依存ではなくファームウェアバージョン依存、という可能性も。

となると、国内版でも4月分セキュリティー・アップデートで同様の不具合が出てくる可能性もゼロとはいえません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました