Xperia最新ラインナップの価格は前世代から「2割アップ」必至?Xperia 10 IIIの英国価格も判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの2021年フラッグシップ、Xperia 1 IIIおよびXperia 5 IIIと同時発表されたXperia 10 III

Snapdagon 690搭載でミッドレンジXperiaとしては初の5G通信対応機種となり、国内では同じSD690搭載のAQUOS sense5Gのライバル機種として注目されています。

そして今回、このXperia 10 IIIのイギリスでの価格が判明しました。

英国のソニー公式ページ上に掲載されていたもので、Xperia 10 IIIの同国での価格は3999英ポンド(約6.1万円)。

内税とは言え、ミッドレンジにしてはかなり高めという印象です。

ちなみに同国での前モデル、Xperia 10 IIの発売時価格は319ポンドだったので、Xperia 10 IIIの価格はXperia 10 IIから2割程度のアップ、ということになります。

ちなみにこの新型Xperiaの価格はシンガポール版のものがすでに判明しており、同国での前モデルからの価格はアップは約25%となっています。

また、すでに一部で価格の判明しているXperia 1 IIIもどうやらXperia 1 IIと比べて1.5~2割の価格アップは必至、といった感じです。

ということで、どうやら今年のXperia 「マークIII」シリーズは機種を問わず「マークII」シリーズから2割前後の価格アップ、という事になりそうですね。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました