Googleフォトの容量無制限保存、「劣化版」サービスで継続か-次世代Pixelユーザー向け

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年Googleがアナウンスし、今月いっぱいで終了するGoogleフォトの無制限バックアップサービス。

これまでGoogleアカウント付属のGoogleドライブの容量としてはカウントされていなかったGoogleフォトの高画質画像や動画が2021年6月1日以降にアップロードされるものに関してはその一部としてカウントされるようになる、というポリシーで、すでにGoogleドライブの容量がギリギリ、という方にとっては今後の写真・ビデオのバックアップ先について悩んでいる方も多い模様。

一方、Pixelユーザーについては2021年6月以降もGoogleフォトで無制限のストレージを引き続き利用できるとしています。

ただ、これについてもPixel 2~Pixel 5までのモデルに関しては6月以降も無料・無制限ストレージサービスは継続されるものの、Pixel 5より後にリリースされる機種、つまりPixel 5a以降についてはPixel端末であっても他のメーカーの機種同様、新たにアップロードされた画像がストレージ容量の一部としてカウントされる、というGoogleからの公式コメントがでています。

しかし今回、このPixel向けのGoogleフォト無料無制限バックアップサービスが次世代以降のモデルでもすこし「劣化」した形で継続される可能性がでてきました。

XDAがGoogleフォトアプリv5.4.1のAPKファイルのコード内から発見したもので、これによると正体のPixelディバイス向けにはGoogleフォトのバックアップ方法として「Strage Save (ストレージ節約?)」というオプションがある、とのこと。

現在のGoogleフォトのクラウドへの保存形式は「高画質」と「元の画質」の2種類ですが、今回の情報によると今後のPixelユーザー向けにはこれに三つ目のオプションが加わる、ということに。

そして上のコード内の「Unlimited」という記述からもわかるように、この「Storage Saver」であれば既存のPixelと同じように無制限でのバックアップが可能になるようです。

つまり、将来のPixelでは「高画質」から「ストレージ節約」というサービス自体は「劣化」するものの、無制限のバックアップサービス自体は継続される可能性が非常に高い、ということに。

ただ、これ自体まだ確定事項でないようなので、今後のPixel 5aやPixel 6の発表・リリース時にGoogleから何らかの公式なアナウンスがあるのではないかと思われます。

コメント

この記事を書いた人
Ryo

アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。
スマホ歴10年、Xperia、AQUOS、arrowsといった国産機から始まり、マイナー機種まで手を広げています。
読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。

Ryoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました